電話には、家庭電話、公衆電話、携帯電話があります。携帯電話の登場により家庭電話などはその数を減らしています。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

電話の種類〜家庭電話、公衆電話、携帯電話

電話にはいろいろな種類があります。まず、家庭電話。これは、各家庭に電話線を引いて使用する電話です。昔は、かけたい相手先の電話番号をダイヤルを回して指定するものが主流でしたが、その後、ボタンをプッシュするものが多くなりました。また、単に電話の機能だけを持ったものではなく、留守番電話機能やファックス機能を備えた複合機能型の電話も多く登場してきました。

また公衆電話は、社会全体で使用することができる電話です。電話を受けることは難しいですが、駅や商業施設などにたくさんあり、電話をかけることが必要になった時、これを使用することでそれが実現できます。これを使用するためには、10円や100円の硬貨、もしくは専用のカードが必要です。ですから、公衆電話が全盛期だった時には、企業の懸賞の商品やノベルティなどには、このカードが利用されていました。そうしたカードの中には、プレミアがついたものも少なくはありません。しかし、家庭電話も公衆電話も、現在では、全盛期の頃に比べると大幅に数を減らしています。その要因のひとつが携帯電話の登場、普及です。

携帯電話は個人が持ち歩くことのできる電話です。登場したばかりの頃は、本体は非常に重く、大きく、また価格も高価であったため所有している人はごくわずかでした。しかしその後、本体の小型化、軽量化、そして価格が安くなったことから所有者数は爆発的に増加しました。その後、携帯電話にはメールの送受信機能やインターネット機能など、ありとあらゆる機能が付き、今では情報端末としての地位を確立するまでになっています。