いまや殆どが携帯電話だと言えるのです。固定電話は大変少なくなっています。ある意味頃は当然だと言えるのです。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

電話は大変普及しています。

当時1960年代に入り僕も携帯電話を持ちました。当時は大変高かったのですが、それでも使い出すとこの便利さには適いません。何処に行っても直ぐに連絡が付きます当時は仕事をしていたので、直ぐに連絡が取れる場所まで容易に行けなかったと言えます。ポケベルなども一時流行りましたが、やはり音声通話の出来る携帯の負がドンドン普及することになります。当然のようにこれまで家庭で使っていた固定電話も少なく鳴りつつあります。引っ越しをしても新しい回線を引く人が少なくなっているからです。昔は人の家に電話をすること自体が憚られた時代もありました。直接話したい相手ではなく家の人間が出ることも良くあったのです。いまは書けた相手が必ず直接出てきます。他人がその携帯を使用することは無いと言えるのです。当然の事ながら時計代わりに携帯を使う人も増えて駅などでも常に携帯をいじっている人間をよく見ます。それほど誰と会話するのか良く分かりませんがいまや携帯はコンピュータと変わらない状態です。

いつも誰かと繋がっていたいそんな気持ちがいまの人たちにはあるのでしょう。僕などはそんな時代ではなかったので、なくても全く不便は感じません。逆にたまに掛かってくると煩わしく感じるほどです。人との繋がりを殆ど求めていないからです。携帯などで繋がっているより、直接会って話す方が遙かに良いと考えているからです。

関連サイト