IP電話の導入は企業の経費削減につながり、パソコンを活用してのソフトフォンは、今まで以上の効果があります。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

企業でのIP電話の導入は大きな経費削減につながります

インターネットを活用したIP電話の普及には、目覚ましいものがありますが、それはやはりその大きな利便性があることの証しでもあります。まずIP電話は通話料金が安いことが最大の魅力であります。サービスの条件次第では無料で通話できる場合も珍しくありませんから、それは当然のことと言えるでしょう。一般的な利用は当然、それが企業などの場合でありましたら、それは大きな経費削減につながります。例えば業務連絡や在庫管理など、一日に何度も遠距離での通話が必要な状態でありましたら、その長時間の遠距離通話料金をカットすることができますので、大きな恩恵があります。

企業の場合でありましたら、IP電話の実現はソフトフォンが担うことになります。このソフトフォンは、パソコンがビジネスホンの役割を担うIT式の電話です。パソコンの利用により、今までのビジネスホンでは不可能だった業務もこなすことができるようになります。例えば、連絡を入れなければならない顧客をパソコンで検索して、その同じパソコンの画面から、インターネットを使って電話をすることが可能になります。そして顧客の電話番号が変わるなどした場合でも、パソコンからすぐに情報修正ができます。