会社の既存パソコンをコールセンターにする提案があり、その導入で電話回数の集計や会話録音などが可能になります。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

会社の電話を手軽にコールセンターに

会社などで使う電話やパソコンに機能を追加するという方法も、現在では専門の業者から提案されています。その一つが、既存のパソコンを用いたコールセンターの提案です。コールセンターは通常ある程度の人数が必要となりますが、そこまでの人数が不要なケースも多々ありますので、その様な場合に便利な提案となります。使用する機器も既に会社にあるパソコンを主軸に構築できますので、導入経費を低く抑えられます。専門業者や商品で差異はありますが、パソコンの使用で機能と効率化の向上を図りながら、操作性の容易さをも可能にした商品が多いと言えます。

電話の掛け方も極めて楽であり、モニターに表示された相手先をクリックで選択するのみとなります。また、電話先は発信の許可、非許可を登録可能ですからミスも軽減できます。更に、電話で話している内容をリアルタイムで録音できるメリットもあります。その録音データは保存が可能ですが、保存する対象は会話だけでなく、相手先や日時や会話に要した時間など、細やかにデータとして記録が可能です。そしてそのデータをグラフなどにして、視覚的に確認することもできます。このコールセンターの提案では、記録情報から録音した会話データを検索して再生もできるなど、高い機能を備えています。