会社に欠かせない電話は、現在ではパソコンで行うことが多く、経費の節約や離席の有無など沢山のメリットがあります。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

現在の会社の電話はパソコンで行うことが多くあります

会社には電話が欠かせない存在でありますが、現在ではインターネットを活用した電話を主軸とする会社も多く存在します。ソフトフォンと呼ばれるソリューションを導入致しますと、ビジネスフォンの導入コストが大幅に節約できます。また機能も数段向上しますので、この導入には大きなメリットがあります。このメリットを支えるのが、パソコンとネットワークを利用した新たな使用方法であり、従来のビジネスフォンという電話と一線を画す要素となります。このソフトフォンは主にパソコンを利用しますが、当然、従来の電話機と同様に普通に電話も可能です。

例えばメリットの一つに、社員の離席状態が確認できる点があります。従来のビジネスフォンでありましたら、相手に電話を掛けてみないことには、出るか出ないか分かりませんでしたが、ソフトフォンではパソコン画面でそれが確認できます。その為、外部から電話があった場合、担当者につなぐ必要が出た際も、不要なコールを入れることなく担当者の離席の有無が確認できて、効率的に電話が取り次げます。また、離席中の場合に伝言がある場合では、パソコンでテキスト文を入力して、離席中の担当者のパソコンにそれを送り、伝言を伝えることも可能です。