公衆電話を利用する機会に遭遇した時、かけたい相手の電話番号がわからないことがあるかもしれません。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

公衆電話を利用する機会

今や一人に一台、携帯電話を保有する時代となっていますよね。中高生以外にも、小学生も護身用として親が持たせているのを見かけることがあります。塾やお稽古事で遅くなる際にも、何も持たせないよりは携帯を持っていると思うと安心ですよね。私も子どもが生まれて小学生になるころには、携帯を持たせたほうが安心かと思っています。そんな中、公衆電話を利用することはほとんど無くなってきていると思います。私の知人の子どもも携帯を持っていますが、万が一落とした時などに備えて小銭を持たせてもらっていますが、携帯以外の使い方が分からないそうです。

公衆電話を利用する機会としては、携帯をどこかに置き忘れてしまったときが考えられます。私も実際に、電車の中に携帯を忘れてしまったことがあり、その時すぐに連絡を取らなければならない相手がいて困ったことがありました。しかし、携帯の中のアドレス帳に記録させているため、かけたい相手の番号を覚えている人も少ないのではないでしょうか。人によってはあまり親しくない相手の番号も膨大に記録しているため、一人一人の番号を記憶することは難しいと思います。万が一の機会に備えて、大切な人や、よくかける相手に関しては、手帳などに番号を控えておく方が良いかもしれません。