一本で複数の人と交代で会話が出来るキャッチホンと親機と子機の電話があり、子機は部屋を跨いでも通話が出来る。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

一本の電話で様々な事

昔の電話では考えられない機能が今の社会では可能になっています。一本の電話では、相手の人との通話しか出来ないと言うのが基本でしたが、今や、一本の電話で複数の人と通話が可能と言う事です、いわゆるキャッチホンと言われる機能です。特殊な機能ですが、一件の通話をしているときに、別の人から電話が掛かった場合に、相手の承諾を得て、別の人の電話にも出れると言う機能です。別の人の要件が極々簡単なものであれば、そちらとの要件を済ませて、元の相手との通話を続ける事が出来ると言う訳です。そして、今や一番的にもなっていますが、親機と子機と言う電話になります。

家庭用でも個人営業の店舗でも効率的でもあるのです。親電話をリビングなどに置き子電話を寝室などに置いておくと言うものです。この子電話も、様々で多くて2つや3つと言う風に家庭の用途に応じて増やす事も出来るのです。ですから、ご家庭にしても、必ずしも親電話がある場所から電話を掛けずに、子機を使っての電話も可能と言う事になるのです。また、子機の便利な部分は移動も可能に出来ると言う事です。親機の場合は動く場所は限れていますが、子機の場合はワイヤレスで繋がっているために、部屋の何処ででも相手と会話をする事が可能なのです。部屋から部屋へと跨いで会話する事ももちろん可能なのです。