電話で音声を人に伝える仕組みは、とても複雑です。空気の振動を電気の振動に変える、という技術を利用しています。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

電話に使用している技術とは。

電話が聞こえる仕組みについて説明します。電話線には電気を通すメタケーブルが使われています。電話の音声はこのメタケーブルを使って伝わったり届けられたりします。電話の受話器には、話す側の音声を電気信号に変える送話口、そして電気信号を音に変換して電話を受ける方の耳に会話を届ける受話口があります。音を感知するためには振動板が取り付けられています。音は空気の振動です。この、空気の振動を振動板で、電流の振動に変え、音声を相手側に伝える、という仕組みができました。

固定電話を使う際は、加入者線、というものを利用する必要があります。電話機の付近を探せば、必ずモジューラージャックと呼ばれるコネクタがありますが、そこにモデムを差し込むことで、電話を使えるようになります。この通信に使うケーブルを、加入線といいます。

電話を利用する際、変な音が聞こえることがあると思います。受話器に耳を当てると、ツー、とか、トントン、のような音がしますが、これらは発信音と呼ばれる音を指します。発信音がする、ということは、無事に回線が繋がっている、ということであり、回線に電流が流れていることを指します。この状態であれば、通信を行うことが可能です。