家庭用の電話が無い場合のメリットは迷惑電話が来ないこと。デメリットは携帯電話が無い人からの連絡が受け取れない。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

家庭用電話の必要性について

少し前から、携帯電話が急激に普及し今となっては殆どの人がインターネットも自由にできるスマートフォンを持っていますよね。しかし、こんな疑問を持っている人もいるかもしれません。スマートフォンも携帯電話と同じで電話の機能はついているので、自宅に電話を置く必要はないのではないだろうか。本日は、そういう疑問に答えて自宅に電話を置く必要性について記述したいと思います。

まず、家庭用電話が無い場合のメリットを一つ挙げます。それは、セールス等の迷惑電話の相手をする必要が無いという事です。セールス等の業者から毎日一回以上電話がかかってくる。なんて方も少なくは無いでしょう。さすがに携帯電話の番号は相手も把握していないので、自分の携帯の番号を変なところに漏らさない限りはセールスから電話がかかってくることは0と言いきってもいいでしょう。次にデメリットを紹介します。やはり、家庭用の電話の最大のメリットはその通話料の安さでしょう。同じ時間携帯電話で通話したとしたら、その料金の差は莫大な物となってきます。ですので、長電話を楽しみたい方は家にいるときはできるだけ家庭用の電話を利用した方がいいかもしれません。後、携帯電話を使えない・持ってない人(年配の方等)と連絡を取るためにも家庭用の電話は必要となってきます。以上、家庭用電話が無い場合のメリットとデメリットを簡単に、また私個人が最も重要だと思うものだけを選別して記しました。それぞれ個人の状況に合わせて、家庭用電話が必要であるかないか判断しましょう。