電話をかけることが以前と比べるとずいぶん減りました。メールやSNSなど、本当に便利になったものです。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

電話をかけることが減った気がする

ここのところ電話をかける機会がとても少なくなった気がします。仕事で電話にかかわっていない、ということもありますが、通信手段として電話を使うことがあまりなくなったというのが現実のようです。かといって、他人や社会とのつながりが少なくなっているというわけではありません。メールやインターネットなどの台頭で、以前なら電話をしたり出向いていたりしたところを、メールなどで済ませられる、という機会が増えているのです。たとえば、友達と会う約束ひとつをとってもしかりです。以前なら、2人の時はともかく、複数の人と予定を合わせるのはけっこう面倒なものでした。まずは幹事役の人が各メンバーにお伺いをたてて、予定のすり合わせをして、日時を決める。そして連絡をする。職場で会ったりできるメンバーなら楽ですが、離れていたりするとこのやりとりで結構時間をとられたものです。

最近ではメールやSNSなどを活用して、瞬時に各メンバーとつながり、予定を決められます。ずいぶんと楽になったものです。2者だけでなく複数のメンバーと同時にやりとりができるのもSNSの特徴です。その昔、夜みんなの帰宅の時間を待って、自宅に電話を入れる、時には本人が不在で家族に伝言を残す、そんなやり取りはもう昔話の世界でしょう。でも、なんとなくあったかい気持ちになってしまうのは、そうやって青春時代を過ごした世代だから、ということなのだと思います。

関連サイト