仕事で電話応対をする機会は新人の内は特に多いと思いますが、言葉遣い以外にも気にしたいマナーがあります。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

仕事で電話に出るときのマナー

社会人になって、多くの人は電話に出る際のマナーについて戸惑うことがあるのではないでしょうか。私も一般企業に就職し、新人マナー研修の際の一番初めのカリキュラムが電話のマナー研修でした。一般的に、新人が一番初めに出るもの、という慣習の会社も多いのではないでしょうか。初めてお客様からの電話に出る際は大変緊張し、手に汗を握ったことを覚えています。私が受けたそのマナー研修では、言葉遣いはもちろんたいせつですが、話し方のトーンについてもマナーがあると教えてくれました。

電話に出る際の話し方のトーンについては、一体どういった点がマナーとされるのかというと、明るくはきはきと応対することが重要であるとのことでした。緊張してしまうとどうしても声がこわばったりしてしまいますが、相手もそれにつられてこわばったり、早口になってしまい、こちらも話の内容が聞き取れずに、悪循環を招くとのことでした。また、時として、相手の話の内容が明るい内容でない場合もあるかもしれません。その様なときは、無理に明るくしようとせず、誠実に話を聞いているという態度として、相槌をきちんと声に出すことが大切だと学びました。

社会人になってからいきなり高度な対応を求められても、得意でないひともいるかもしれませんので、学生時代からアルバイトなどで少しずつ慣れていくことも必要かもしれません。