電話がない不便さを考えると大変です。電話の普及とともに会話の拡大と言葉の退化の現象がみられます。

携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて
携帯電話のメリットとデメリットについて

電話があることによる恩恵

私達が電話という通信サービス、文明の利器を手に入れてのはごく最近です。そして個人個人が持ち運び自分専用の電話を持つようになっってからは、さらに短く20年程度しかたっていません。今では携帯電話を持っているのが当たり前ですが、もしこれがなかったらどんなに不便だろうと想像すると大変なことになります。もの心ついた時から携帯電話があった子供の世代であれば、その不便さすら想像もできないでしょう。

まず、誰かに連絡をとる、というのは昔は大変でした。私は電話がない時代には生活していませんが、電話がなければ電報と手紙しかなかったのです。戦国時代などは、のろしを使ったり、電波が飛ぶかわりに馬にのった人が走って情報を伝達するしかなかったのです。こう考えると、人間同士のコミュニケーションがいかにとりやすい時代になったかに驚かされます。

一方で電話の普及とともにコミュニケーションの拡大と退化が同時に進んでいるようにも感じます。拡大はネットを通じたアプリで常時つながるなどのを想像していただければわかると思いますが、退化というのはどういうことでしょう?これは、伝えられないもどかしさがなくなった分、伝えられる喜び、情熱が込められた言葉が消えていきつつあるからでしょう。電話の普及とともに言葉も変っていくのです。